商品レビューや子育て、生活、健康など色々な雑記ブログ

日々、まるまる暮らし

目のクマ対策

目の下の茶クマは色素沈着が原因!解消する方法と隠すメイク術

更新日:

目の下の茶クマ対策
目のクマには大きく分けて「青クマ」「茶クマ」「黒クマ」の3タイプのクマがあり、それぞれできる原因は違います。

どのクマができても疲れて見えたり、老け顔に拍車がかかったりと悩みの種ですが、この記事では目元が茶色くなる「茶クマ」の原因や消す方法・隠すメイク術などを紹介します。

茶クマの見分け方

目の下の皮膚を引っ張ってみて、クマが一緒に動くようなら「茶クマ」

茶クマの原因は色素沈着

茶クマの原因は『色素沈着』というシミの一種で、メラニン色素が皮膚に残ってしまっている状態です。

「メラニン色素=シミを作る」ということで悪者に思われるかもしれませんが、メラニン色素は外部の刺激から肌を守ってくれる働きがあります。

夏には日焼けをして肌が黒くなりますが、これは表皮にあるメラニン色素が紫外線を吸収し、紫外線が皮膚の奥まで入り込むのを防いでくれているためです。

そして、通常人間の肌はターンオーバー(新陳代謝)を繰り返すのでメラニン色素を含んだ皮膚が垢になって剥がれ剥がれ落ち、日焼けをしても肌はだんだんと白く戻っていきます。

しかし、メラニン色素が過剰に生成されたり、ターンオーバーが乱れてしまうと、メラニン色素が肌に残ってしまい色素沈着してしまいます。

色素沈着を作る根本的な原因

茶クマの原因は色素沈着とお伝えしましたが、色素沈着を作ってしまう根本的な原因があります。

目をゴシゴシこする

目をこすると茶クマができやすい
眠い時や花粉症などの目のかゆみで無意識に目をこすっていませんか?

目をこする行為は肌に刺激を与えてしまい、肌のバリア機能が働くためメラニン色素が過剰に生成されて茶クマを作る原因になります。

アイメイクのクレンジング

女性の場合、気をつけたいのがアイメイクのクレンジングです。

ゴシゴシと落とすと肌に刺激を与えてしまうので茶クマを作る原因になるだけではなく、目元の皮膚はとても薄いのでシワになってしまうことも。

アイクレンジングのポイント

顔のメイクとは一緒に落とさず、アイメイクリムーバーで先に落とす
ゴシゴシこすらず、優しく、素早くが基本
肌が荒れてしまうこともあるので、自分の肌にあったリムーバーを使う

中にはリムーバー不要な石けんで落とせるアイメイクもあるので気になる方は探してみましょう。

紫外線

顔全体のUV対策はバッチリでも、目元となるときちんと対策できていない方も多いのではないでしょうか。

紫外線は茶クマを作る原因になります。

また、日焼け止めにも日常生活用、レジャー用など色々な種類がありますので、自分の生活にあった日焼け止めを選ぶようにしましょう。

茶クマができる大まかな原因はこの3つですが、これに加え、加齢、ストレス、寝不足、血行不良等が原因でターンオーバーが乱れることも原因になります。

できてしまった茶クマを消すには

美白化粧品を使う

目の茶クマを解消する美白化粧品
茶クマの解消には、普通のシミを消すのと同じように美白化粧品が有効です。

化粧品に使用される美白成分にも色々なものがありますが、有名なものとしては『ビタミンC誘導体』と『アルブチン』があり、「美白をするにはどちらがいいの?」と迷われる方も多いかと思います。

●ビタミンC誘導体
ビタミンCには、メラニン色素が生成されるのに不可欠と言われる酵素チロシナーゼの働きを抑え、メラニン色素の生成を防ぐ働きがあります。

また、すでにできてしまったメラニン色素を薄くする還元作用もあり、シミを作らない上にシミを消すことができます。

ビタミンCは空気に触れると壊れてしまうこと、肌の角質層のバリアを突破できず浸透しないという性質があり、これを肌に浸透するように改良されたものがビタミンC誘導体です。

ビタミンC誘導体は、3%以上の濃度が無いと効果があまりないと言われています。

一般の化粧品に配合されているのは1~2%なので、美白化粧品はビタミンC誘導体が3%以上配合されているものを選びましょう。

●アルブチン
酵素チロシナーゼの働きを抑え、メラニン色素の生成を防ぐ働きがあることから美白作用があるとして昔から化粧品に使用されてきましたが、最近ではα‐アルブチンのほうがβ‐アルブチンよりも10倍以上の美白効果があることがあることがわかりました。

アルブチンはもともと、安定性と安全性が高く、副作用もほとんど報告されていない成分ですが、β‐アルブチンと比べてα‐アルブチンは刺激が少ないのでお肌の弱い人でも安心して使用する事ができます。

アルブチンはビタミンC誘導体と同じようにメラニン色素の生成を防ぐ働きがあるものの、メラニン色素を薄くする還元作用はないため、すでにできてしまったシミ(茶クマ)に対しては効果がありません。

しかし、メラニンの過剰発生やターンオーバーの乱れが続いてしまうと、時間がたっても茶クマがそのまま残ってしまったり濃くなってしまうこともあるため、アルブチンを使用してこれ以上茶クマが濃くならないようにし、ターンオーバーを整えて茶クマを薄くするというのも有効です。

ポイント

この2つの成分は美白に対してそれぞれ違いは有りますが、アルブチンとビタミンC誘導体は一緒に使用することによってより効果が増すと言われていますので、単体で使用するよりも2つの成分が配合された化粧品を使用することで美白効果が高くなります。

●ハロキシル
目元のトラブルを解消するために開発された「ハロキシル」という成分もおススメです。

ハロキシルには血行促進やリンパの流れ促進、コラーゲンの生成など、クマを解消する成分がベストバランスで配合されています。

目のクマには青クマ・茶クマ・黒クマの3タイプ有りますが、ハロキシルはどのクマも解消するのにおすすめです。

ターンオーバーを正常化させる

色素沈着ができる主な原因は肌ダメージによりターンオーバーが乱れてしまう事が原因ですが、たとえ色素沈着ができてしまってもターンオーバーを整えてあげれば色素沈着は自然と排出し、茶クマを解消する事ができます。

ターンオーバーは短くても長くてもいけません。

生活習慣などの乱れもターンオーバーを乱す原因にもなりますので、規則正しい生活を心がけ、ターンオーバーを整えてあげましょう。

質の良い睡眠をとって茶クマを解消

●質の良い睡眠をとる
「お肌のゴールデンタイム」という言葉を聞いたことがありませんか?

これは、夜10時~深夜2時までの事を言い、この時間帯に熟睡する事によりターンオーバーを促す成長ホルモンが分泌されると言われています。

しかし、最近では夜10時~深夜2時にこだわる必要もなく、眠りに入ってから3時間をぐっすりと眠るように努力することが望ましいとも言われるようになりました。

睡眠中はレム睡眠という浅い眠りと、ノンレム睡眠という深い眠りが一晩のうちに交互に4~5回繰り返していますが、成長ホルモンはノンレム睡眠の時に多く分泌されます。

寝始めてから3時間は深い眠りであるノンレム睡眠が占める割合が高くなっていて、この時間をぐっすりと眠ることでターンオーバーを促進させることができるのです。

質の良い睡眠をとるには

寝る前にスマホやパソコン、テレビを見ない
食事は寝るに2時間前に済ませる
夜9時を過ぎたらキャンドルや間接照明など優しい光に切り替える
ぬるめのお風呂にゆっくりつかったり、目を温めたりとリラックスタイムを作る
夜更かしをしてしまっても起床時間は一定にする

●しっかりと保湿する
乾燥は肌のバリア機能を低下させる原因になります。

肌のバリア機能が低下すると、ターンオーバーが乱れる原因になります。

●冷えや血行不良を改善する
ストレスや疲れ、寝不足や冷たいものの飲み過ぎや食べ過ぎなど、これらの行為は体を冷やしたり、血行不良を引き起こします。

血行不良はターンオーバーが乱れる原因の一つですので、自覚がある方は生活を見直しましょう。

●バランスの良い食事をする。
ターンオーバーを促すには各種ビタミンなどの栄養素が欠かせません。偏った食事はやめてバランスの良い食事をしましょう。

さーこ
ターンオーバーを整えてあげることは目の下の茶クマだけではなく、色々な肌トラブルの解消になります。
ターンオーバーを整えて、いつまでも綺麗な肌でいたいものですね。

すぐに茶クマを消す!メイク方法

今すぐに茶クマを消したい場合は、メイクで隠してあげましょう。

まず、メイクをする前に朝でも使用できる目元専用のアイクリームでしっかりと保湿します。そうすることで「目元のクマを隠したつもりが逆にシワになる!」といった事を防げます。

茶クマをメイクで隠すには

イエロー系のコンシーラーを使用します。
コンシーラーは目元用コンシーラーかリキッドタイプのコンシーラーで、自分の肌よりも少し暗めの色、少量を軽く叩いて伸ばしていきます。

また、コンシーラーとファンデーションを重ね塗りしてしまうことで、ヨレたり、シワを作ってしまう原因になります。

目元の茶クマを隠すにはコンシーラーだけでOK。コンシーラーをつけたら、仕上げにフェイスパウダーで軽く押さえてあげましょう。

茶クマまとめ

目の下の茶クマはシミの一種の色素沈着が原因です。

解消するのに少し時間がかかりますが、根気よく直していきましょう。

また、血行不良型の青クマを放置しておくと、肌のターンオーバーが低下するため、茶クマに進行してしまうこともあるので、青クマが気になっていたら早めに解消する事をおすすめします。

目の青クマの原因と解消する方法はこちら

目の青クマは血行不良が原因。隠すメイク術と根本的に消す方法

目の下にクマがあると「お疲れモード」や「老け顔」に拍車がかかり、悩んでいる方も多いのではないでしょうか。 私も長年、目元のクマには悩まされています。 でも、一口に「目のクマ」と言っても、大きく分けて「 ...

-目のクマ対策

Copyright© 日々、まるまる暮らし , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.