商品レビューや子育て、生活、健康など色々な雑記ブログ

日々、まるまる暮らし

生活

ハンガーにかけたままアイロンがけ♪プラスマイナスゼロ スタイルスチーマー

2020年8月24日

ハンガーにかけられた洋服

以前からちょっといいなと思っていた±0(プラスマイナスゼロ)のスタイルスチーマーを購入しました!

我が家には夫が独身時代から使っているスチーム機能なしのシンプルなアイロンしかなく、そもそも私はアイロンがけが大の苦手。

アイロンをかけるものと言ったら小中学校の給食のかっぽう着くらいで、私の会社の制服に合わせて着るシャツはアイロンがけが必要のないシャツ工房の形状安定のワイシャツを購入していました。

そうした中、最近、勤めていた会社の制服が撤廃されて私服勤務になりました。

特に私の場合は自転車通勤なので、今までワイシャツにジーパンとか超カジュアルな格好で出勤していたのですが、私服勤務となるともちろんジーパンとかはダメなわけで、それなりにきちんと感がある洋服とともにスタイルスチーマーを購入。

アイロンがけがもともと嫌いなこともあるのですが、プラスマイナスゼロのハンディアイロンはとても便利でやっぱり買ってよかった!と本気で思ったので、使用感レビューをまとめてみました。

ハンディアイロンの購入をお考えの方は参考にどうぞ♪

±0(プラスマイナスゼロ) スタイルスチーマー

こちらが私が購入した±0(プラスマイナスゼロ)のスタイルスチーマー。

おしゃれなカラーとシンプルなデザインで「いかにもアイロン」じゃないのが魅力。
カラーは「ホワイト」「イエロー」「ディープブルー」の3色で、私はディープブルーを購入しました。

使った後はそのままタンスの上に置いていますが、このデザインなら見える場所に置きっぱなしでもインテリアを損ないません!
いちいち収納しなくていいので、使いたい時にサッと使用できるのがとても便利です。

また、普通のアイロンだとアイロン台も出さないといけませんが、スタイルスチーマーは洋服をハンガーにかけたまま使えるので、忙しい朝や疲れている夜でも負担がかかることなく使用できます♪

スタイルスチーマーの付属品など

プラスマイナスゼロスタイルスチーマーの付属品
外箱を開けると、スタイルスチーマー本体を含めて付属品は以下のものが入っていました。
・スタイルスチーマー本体
・取り扱い説明書
・計量カップ
・ブラシ

コードは3mもあるので、少し離れたコンセントでも使用できます。

プラスマイナスゼロ スタイルスチーマーを持つ
本体は約700gと軽量。
水を入れても、使用していて重くて手が疲れる、なんてことはありません。

女性でもしっかり握れて扱いやすいデザインになっているそうです。
こういう配慮は嬉しい♪

プラスマイナスゼロスチーマー注意書き
「やけどのおそれあり」の注意書きもしっかり記載されています。

使い終わった後もしばらく熱いので、使用後そのまま出しっぱなしにする時は注意が必要。

スタイルスチーマーの使い方【準備編】

プラスマイナスゼロ スタイルスチーマーの使い方
まず、本体横についているツメをグっと押して、水タンクを本体から外します。

プラスマイナスゼロ スタイルスチーマーの使い方
付属の計量カップに110mlの水を用意して、注水口カバーを開けて水タンクに水を入れます。

注水口が小さいので水が少し入れにくいのが難点。
そのため、付属の計量カップは先が細くなっていますが、勢いよく入れるとこぼれるのでゆっくり入れるのがコツ。

最初のころ、付属の計量カップを使うのがめんどくさくて普通の料理用の計量カップを使用したことがありましたが、水がこぼれました。
付属品にはちゃんと意味があると思った出来事。

プラスマイナスゼロ スタイルスチーマーの使い方
コンセントに繋いで、ボタンを押したら電源ランプがチカチカ点滅しますが、点灯したら準備OK!
スイッチを『STOP』から『STEAM』に切り替えると、スチームが噴き出します。

さーこ
『STOP』のままにしておくと、普通にドライアイロンとして使用できます

電源ボタンを押してから、立ち上がりまで24秒。
その間、アイロンをかける洋服を用意していますが、あっという間です。

うちにあるアイロンは熱くなるまで時間がかかっていたので、立ち上がりが早いというだけでもかなりの時短になります♪

スタイルスチーマーは思っていた以上にシワが伸びる♪

スタイルスチーマーの使い方は簡単で、生地を軽く引っ張って洋服のシワにスチームをあて、2~3回ほどサ~っと往復させるだけ。

さーこ
どの写真も右側がスチーマー使用前、左側がスチーマー使用後です

ユニクロワイドパンツアイロン前とアイロン後
まず、こちらは新しく出勤用に購入したユニクロのワイドパンツ。


こちらは2年ほど前に無印で購入したリネンのトップス。
気に入っていたのですが、アイロンをしないと着られず、タンスの肥やしになっていました。

水滴が少しついていますが、湿った感じはしません。


こちも無印、綿のシャツ。
スチーマーをあてたのは右の前見頃のみで、そで部分はアイロンをかけていません。

さーこ
どの洋服もスタイルスチーマーを使用することで、シワがかなり改善されていますね

洋服の素材によってはスチーマー2~3回の往復だとシワがなかなか伸びず、もう少し回数が必要なものもありましたが、それでもスチーマーをサ~っとあてるだけなのであまり手間は感じませんでした。

1枚にかける時間にもよりますが(シワの具合など)、1回110mlの給水で2~4枚くらいはアイロンができるのではないでしょうか。

スタイルスチーマーにはアイロンミトンがあると便利

スチーマーは生地を引っ張ってスチームをあてるので、洋服の袖やパンツの裾などの端っこ部分はアイロンがかけにくいです。

なので、こんな手にはめるタイプのアイロンミトンがあると便利です。

手にはめて使うだけではなく、ちょっとしたアイロン台としても使用できます。

私は後になってAmazonで購入しましたが、インテリアショップ roomyさんで±0のスタイルスチーマーを購入して商品到着後10日以内にレビューを書くと、後日特典として別送してくれます。

私もレビューを書こうとしていたんですが、ぼやぼやしていたら期間が過ぎていました~・・・。

スチーマーにはアイロンミトンがあるのとないのとでは便利さが大違いですので、ぜひ手に入れましょう!

まとめ

スチームをサ~っと当てるだけで本当にシワが伸ばせるのか半信半疑でしたが、思っていた以上にきれいな仕上がりでした。
大した手間もかからないので、毎日のようにアイロンをかけても全然苦痛じゃありません♪

普通のアイロンのようにシワが伸びるわけではないので、パリっとした洋服を求める方にはスタイルスチーマーは不向きですが「手軽にアイロンがけがしたい」という方にはおすすめですよ~!

 

-生活

Copyright© 日々、まるまる暮らし , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.