商品レビューや子育て、生活、健康など色々な雑記ブログ

日々、まるまる暮らし

目のクマ対策

目の下の黒クマは皮膚のたるみが原因。解消する方法とメイク術

黒クマを解消して目元を美しく

目元のクマには3タイプのクマがありますが、その中でも黒クマは「加齢型のクマ」とも呼ばれ、年齢とともに出てくることも多いクマです。

若い女性の間で涙袋を作るのが流行っていますが、涙袋は下まぶた部分にできる眼球にそったふくらみの事で、黒クマは涙袋のさらに下にできる「たるみ」が主な原因になります。

ぷっくりとした涙袋は目がぱっちりとした印象や若しい印象を与えますが、それがさらに下にできてしまうと逆に老けた印象を与えてしまいますよね。

この記事では、黒クマの原因や消す方法・メイクで隠す方法などを紹介します。

黒クマの見分け方

手鏡を持って上を向いたときに目元のクマが消えてなくなるようなら「黒クマ」

「目元のたるみ」が黒クマに!たるみができる原因とは

では、なぜ黒クマの原因となる「目元のたるみ」ができてしまうのでしょうか。

目の周りには眼球を支えたり、まぶたを動かしたり、涙の調節などを行う役割がある「眼輪筋」というドーナツ状の筋肉があります。この筋肉が弱くなってしまうと、眼球を支えきれなくなり、眼球の重さで目の周りを包む眼窩脂肪(がんかしぼう)が圧迫されて、脂肪が前に押し出された状態になります。

この目の下にできるふくらみは「目袋」ともいわれていますが、肌にハリや弾力が無くなってしまうと目袋の重みを支えられなくなり、その結果黒い影を作る「黒クマ」ができてしまうのです。

黒クマが比較的歳をとった人にできやすいのは、加齢と共に眼輪筋が衰え、肌のハリや弾力が低下するためです。

スマホやパソコンの使い過ぎも黒クマの原因になる

 

パソコンやスマホの使い過ぎも目元のたるみに繋がる

しかし、最近はスマホやパソコンの使い過ぎで目を酷使しているのが原因で、若い人でも黒クマに悩まされる人が増えています。

スマホやパソコンを集中してみることでまばたきの回数が減り、眼輪筋の衰えを招き、同時に筋肉を使わなくなることで血行不良をおこし、肌のハリや弾力も低下するためです。

スマホやパソコンは今や生活必需品ですが、使用もほどほどに。長時間使用するときは適度に休憩を入れ、ホットパックで目を温めたり、目を動かすストレッチをするのもおすすめですよ。

目のたるみによる黒クマを消す眼輪筋&表情筋トレーニング

原因でもお伝えしたように、黒クマを消すには眼輪筋を衰えさせない事大切です。

さーこ
私がいつもやっている眼輪筋トレーニング&表情筋トレーニングを紹介します。
簡単にできますので毎日少しずつでもいいので取り組みましょう。

眼輪筋わかるけど、なぜ表情筋も鍛える必要があるの?と思われるかもしれませんが、表情筋が衰えると顔のたるみを招き、黒クマに拍車がかかるので合わせて表情筋トレーニングも取り入れる事をおすすめします。

黒クマ解消のための眼輪筋トレーニング

眼輪筋トレーニング①

目を細めてまぶしい目つきをして、5秒キープ(眉間にシワがよらないように注意)
目を思いっきり見開き、5秒キープ
1日5回が目安

眼輪筋トレーニング②

まぶたを閉じてぐーっと力を入れて、5秒キープ
目を思いっきり見開き、5秒キープ
1日5回が目安

さーこ
目を見開いた時におでこにシワがよってしまう場合は、おでこにシワがよらないように親指以外の4本の指を使い、両手でしっかりとおでこを固定しましょう

黒クマ解消のための表情筋トレーニング

表情筋トレーニング「あいうえお体操」

「あいうえお」と普通に言うだけではなく、顔の筋肉を意識的に動かしながらゆっくりとオーバーに「あ・い・う・え・お」と繰り返します。
1日10回~30回が目安。

表情筋トレーニング「舌回し体操(ベロ回し体操)」

舌回し体操をすることで58箇所の表情筋を鍛える事ができます。

顔のゆがみや二重あごに悩んでいる方にもおすすめです。

上唇と歯茎の間→頬→下唇と歯茎の間→頬、という風に順番に舌をグルグルと回します。
これを右回し、左回しの両方行いましょう。

右回し20回・左回し20回を1セットとし、1日3セットが目安。

どのトレーニングもやり過ぎは逆効果になりますのでほどほどに行いましょう。

眼輪筋&表情筋トレーニングは筋肉を動かすことで血行が促進されるので、目や顔のたるみだけではなく、シワやシミ・むくみ解消などにも効果的です!

目元専用のアイクリームで保湿

目の黒クマを消すアイクリーム

目の周りの皮膚は卵の薄皮程度しかないと言われているくらい薄く、皮脂の分泌も少ないので、乾燥しやすくダメージを受けやすい場所。

肌が乾燥してしまうと弾力やハリが失われ、内部でのたるみを肌が支えきれなくなるため、できれば目元専用のアイクリームでしっかりと保湿することが大切です。

アイクリームにも色々な商品がありますが、自然派コスメの「ムクティネトラアイクリーム」もおすすめ。

目元のクマだけではなく、シワや疲れ目の解消、中には「白目が綺麗になった」「まつ毛が伸びてきた」などのレビューも多く、安心して使えるアイクリームです。

ムクティネトラアイクリームのレビューはこちら


ムクティ ネトラアイクリーム
ムクティ ネトラアイクリームは目のクマ・シワ・疲れ目対策におすすめ!

目のクマやシワ・くすみにお悩みの皆さん、何か対策していますか? クマやシワ・くすみといった目の周りのトラブルは加齢だけではなく、スマホやパソコンの使い過ぎによる目の疲れ(眼精疲労)が原因でできる場合も ...

アイクリームの順番と使い方

お使いのアイクリームにもよりますが、一般的には

化粧水 → 美溶液 → 乳液 → アイクリーム → クリーム・オイル

の順番になります。

アイクリームの使い方

  1. 手の甲に適量のアイクリームをとる
  2. 上まぶたと目元にポンポンと点置きする
  3. 薬指を使って優しく伸ばす
  4. 指の腹で優しく押さえて密着させる

肌に刺激を与えないように、薬指で優しく伸ばすのがポイント。強くこすり過ぎると刺激になり、茶クマを作る原因になります。

茶クマをつくる原因と消す方法はこちら

目の下の茶クマは色素沈着が原因!解消する方法と隠すメイク術

目のクマには大きく分けて「青クマ」「茶クマ」「黒クマ」の3タイプのクマがあり、それぞれできる原因は違います。 どのクマができても疲れて見えたり、老け顔に拍車がかかったりと悩みの種ですが、この記事では目 ...

3、黒クマを消すメイク方法

黒クマを根本的に消すには時間がかかりますが、気になる場合はメイクで隠せます。

まず、クマを隠すメイクをする前に、朝でも使える目元専用のアイクリームでしっかりと保湿しましょう。メイクの崩れやシワを防ぐ事ができます。

黒クマをメイクで隠すには

パール系のコンシーラーを用意し、コンシーラー少量を軽く叩いて伸ばしましょう。

黒クマは目元のたるみが影になって見えているため、パール系のコンシーラーを使用する事により、光の反射で目立たなくなります。

また、目元全体をワンランク明るいファンデーションで塗り、さらにハイライトを入れるという方法もあります。

目元の黒クマを隠すには、コンシーラーかファンデーションのどちらかでOKです。

重ね塗りをしてしまうと、ヨレたり、シワになる原因になるので、コンシーラーかファンデーションを使ったら、仕上げにフェイスパウダーで軽く押さえてあげましょう。

黒クマまとめ

鏡に映る自分の顔を見て「老けた・・・」とショックを受ける方もいると思いますが、黒クマは時間をかけてきちんと対処をすれば消す事が可能です。

今回紹介した眼輪筋トレーニングは、筋肉を動かすことで血行が促進されるので、青クマや茶クマの解消にもおすすめです!

また、血行不良型の青クマを放置しておくと気がついたら黒クマになっていた・・・なんてことになるかもしれません。

青クマに気がついたらなるべく早めに対処しましょうね。

青クマの原因と対処法はこちら


目の青クマは血行不良が原因。隠すメイク術と根本的に消す方法

目の下にクマがあると「お疲れモード」や「老け顔」に拍車がかかり、悩んでいる方も多いのではないでしょうか。 私も長年、目元のクマには悩まされています。 でも、一口に「目のクマ」と言っても、大きく分けて「 ...

-目のクマ対策

Copyright© 日々、まるまる暮らし , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.