商品レビューや子育て、生活、健康など色々な雑記ブログ

日々、まるまる暮らし

グルメ

手を汚さずバターをカット!超便利なステンレスカッター付きバターケース

ステンレスカッター付きバターケース

今まで「カッティングガイド付きバターケース」というものを使ってバターをカットしていましたが、ステンレスカッター付きバターケースを見つけて即買いしました♪

以前使っていたカッティングガイド付きはバターを5gずつにカットできるので計量の手間も省けて便利なものの、包丁を使ってカットしないといけないので特に時間がない時はめんどくさいな~と思っていたので、

さーこ
その手間がなくなりストレスフリーです!

スケーター ステンレスカッター付きバターケースの使い方

スケーター バターケース
せっかくなので、以前使っていたバターケースと比較。

まず、左の商品が以前使っていたカッティングガイド付きバターケースで、右の商品が今回新しく購入したステンレスカッター付きバターケース

以前使っていたバターケースと比べて今回のバターケースはやや大きめ。

調べてみたら前のバターケースも同じスケーターのもので、13年前に購入したものでした!

さーこ
なんだかんだ言いつつ結構使ったな~

今回のバターカッターの使い方はトレーに乗せたバターを切るだけの簡単なものですが、バターを柔らかくしてから切らないとカッターが変形するおそれがあるので、まずはバターを常温に戻す工程が必要です。

ステンレスカッター付きバターケース取扱説明書

バターを常温に戻す方法は、外箱の裏の取扱説明にも書いてありますが室内に置いて常温に戻す方法電子レンジを使用する方法があります。

届いてから一番最初に使用した時は、室内にバターを1時間ほど置く方法で使用してみましたが、丁度いい気温だったためスル~っとバターをカット出来ました(多少の力はいりますが)。

ただ、取説には「約1時間ほど、室温23度~24度の場所に置くのが目安」と書いてあり、バターが柔らかすぎても固すぎても切りにくいようで、夏や冬は室温に応じて調節が必要だそう。

さーこ
めんどくさい・・・

という事で2回目以降は電子レンジで柔らかくする方法にチェンジ!

ステンレスカッター付きバターケースの使い方

まず、バターの包装紙をはがし、バターケースの本体にバターを乗せるガイドラインがあるので、そこを目安にしてバターを置きます。

蓋をしないで、電子レンジに入れて500wで20秒加熱。

ステンレスカッター付きバターケースの使い方

バターカッターをバターが均等に切れるように置き、抑えながらゆっくりと下に押します。

バターが少し柔らかくなっているので、少し力を入れればす~っとカットできます。

ステンレスカッター付きバターケースの使い方

さーこ
きれいににカット出来ました!

バターカッターはそのままケース内に収納できるので置き場所に困ることもありません。

カッティングガイド付きバターケースを使っていた時は、バター全体を柔らかくしてしまうと逆に切りにくくなるので冷えた固いバターを使っていましたが、冷えた固いバターだと包丁で切りにくいので、コンロの火で包丁を温めつつちまちまカットしていました。

それを考えたら今回のバターカッターは手間もかからずバターをカットできるので、超便利です!

バターケースに収納できる先割れナイフ付き

先割れバターナイフ
ステンレスカッター付きバターケースには、バターケースに収納できる先割れバターナイフもついてきます。

バターナイフを立てられるスタンドが付いていますので、「ナイフにバターがくっついて手がベタベタになる」なんてこともありません。

ステンレスカッター付きバターナイフ

この先割れバターナイフは、カットしたバター同士がくっついていてもサッとはがせるし(そんなにべったりくっつくこともないけど)、ナイフのギザギザがバターをカットできるのでとても便利です。

前に使っていたガイド付きのものは5gでカットできたのですが、このバターカッターは10g。

10gではちょっと多いかな、って時はナイフで半分にして使っています。

食洗器対応で洗うのが楽

このバターケースの耐熱温度はフタが100度、本体が140度なので、家庭用食洗器で洗えます。
(業務用の食洗器はNG)

●変形してしまう恐れがあるので重ねておかない
●乾燥機のヒーター部分に落とさない
事を気を付ければOK!

前に使っていたバターケースは厚みがあるので、食洗器ではなかなか洗いづらかったのですが(ちゃんと入れないと水圧でぶっ飛ぶし)、このバターケースはカッター部分も本体部分も薄いので、食器と食器の間に入れやすいです。

特にバターナイフを置くスタンド部分が狭く、手洗いだとバターの汚れが落としにくいので、食洗器で洗えるのは非常にありがたいです。

さーこ
フタはあまりバターで汚れることがないので手洗いしてます

ステンレスカッター付きバターケースのまとめ

スケーターのステンレスカッター付きバターケースの商品レビューでした。

以前に、ワイヤーで切るタイプのバターカッターを購入しようかどうか迷っていた時期があるのですが「ワイヤー部分が壊れやすい」と聞いて、購入を断念した覚えがあります。

今回のバターカッターは、ステンレスの板1枚で作られているので強度があり、よっぽと悪い使い方(バターを固いままカット)しなければ、すぐに壊れることはなさそうです。

バターカッターにめんどくささを感じている主婦の皆さん!
おすすめですよ~!

-グルメ

Copyright© 日々、まるまる暮らし , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.