グルメ

美味しさ&見た目ワンランクUP!お手入れ簡単な曲げわっぱ弁当箱【購入レビュー】


数年前から、曲げわっぱのお弁当箱が主婦の間で大ブームですよね。

私も自分のお弁当を毎日作っているのですが、ブームに乗って曲げわっぱ弁当箱を購入しました!

さーこ
だってブログやインスタで見る曲げわっぱ弁当がとっても美味しそうなんですもん♪

私が購入したのは楽天市場の曲げわっぱと漆器 みよし漆器本舗さん。

ほのかな杉の香りがいい♪お手入れも簡単な曲げわっぱのお弁当箱


みよし漆器本舗さんでは、曲げわっぱ 700mlが一番人気がありますが、レビューを見ると700mlだと女性には少し大きいらしい事、今まで使っていたお弁当箱が600mlだったので、600mlの曲げわっぱを買いました。

曲げわっぱ本体のほかに、取り外しできるT字の仕切りと8色の中から色が選べるランチバンド付き。

さーこ
ほのかに杉の香りがしてとても癒されます♪

種類はウレタン塗装が施されている白木タイプと、漆塗りの塗装が施されている漆塗りタイプがあり、私は選んだのは漆のツヤが美しい漆塗りタイプ。

漆には天然の抗菌効果があるのでお弁当が傷みにくくなるだけではなく、漆塗りがしてあるおかげで無塗装の曲げわっぱと比べてお手入れがしやすいという特徴があるのだとか。

実際、曲げわっぱはお手入れが大変そうなイメージがあったのですが、普通の食器用洗剤が使えるし、プラスチックのお弁当箱のように油汚れが落ちにくいという事もなく、めちゃくちゃ洗いやすいです。

洗い終わったらフキンなどで水気をサッと拭いて、カビや黒ずみ防止のため、上向きにおいて自然乾燥させるだけ!

さーこ
本当にお手入れが簡単すぎてびっくりです!

また、個人的な話ですが、以前使っていたお弁当箱が2段重ねで、フタ・本体上・中フタ・本体下と4つのパーツがあったのですが、曲げわっぱ弁当はフタと本体のみの2つだけなので(T字の仕切りは使っていません)、洗い物が少なくなったのも嬉しい誤算でした♪

曲げわっぱは汁漏れしやすい?汁漏れを防ぐには

曲げわっぱの中には汁漏れを防ぐためパッキン付きのものがありますが、私が購入した曲げわっぱはパッキン付きではないので汁漏れが心配でした。

しかし、曲げわっぱを購入して3週間くらい使用していますが、結果としては今のところ汁漏れは発生していません。

お弁当の汁漏れ対策のポイントとしては、汁が多いおかずを入れないのはもちろんですが、

  • おひたしなどの温野菜は水気をよく絞る
  • おかか、すりごまを多くまぶして水分を吸収させる
  • おひたしなどには、カップの底におかかを敷き詰める
  • 水分が多い煮物には、手でちぎったお麩やとろろ昆布をカップの底に敷き詰める

そしてさらにおすすめしたいのが、この『カラっとおかずケース』というカップです!

よく水気を絞っておかかを混ぜたり、カップの底におかかやとろろ昆布を敷き詰めても、おかずによってはどうしても水分が出てきてしまうがあるのですが、このケースは内側の極細繊維が余分な水分を吸い取ってくれる構造になっています。

このカップを使うようになってから普通のアルミカップを使っていた頃と比べて、汁漏れすることが格段に少なくなりました。

また、『ラップをごはんやおかずの上にかけてからフタをする』とお弁当が片寄ることが少なくなるので汁漏れ対策になるらしく、汁漏れしちゃった時の対策として『曲げわっぱをビニール袋に入れて持っていく』方もいるようですね。

ちなみに、私の場合、曲げわっぱにして汁漏れしなくなった一番の理由は、今まで使用していたのは2段のお弁当箱だったので、カバンの中でバランスが取れず倒れて汁漏れすることが多かったのですが、購入した曲げわっぱは1段でどっしりしているので倒れることが無くなったことです。

曲げわっぱのお弁当の詰め方のコツ

今まで2段のお弁当箱を使っていた上に曲げわっぱは深さがあるので最初は苦戦しましたが、段々とコツがつかめるようになってきました。

この日のおかずは『冷凍ハンバーグ』『ジャガイモとベーコンのソテー』『小松菜のおひたし』『トマト』の4つ。

さーこ
メインのおかずは冷凍食品か前の日のとりわけが多いです


まず、お弁当の半分くらいにご飯を入れます。

ご飯とおかずの間は直角ではなく、少し斜めにするとおかずが入れやすいです。


キッチンペーパーでよく水分を拭き取った大葉をごはんの横に敷きます。

もちろん大葉はなくてもOKですが、おかずの汁がごはんにしみ込むのは好きではないので、大葉でガードしてます。

さーこ
レタスを使うこともありますが、個人的に大葉がおすすめ

大葉の緑で彩りもよくなるし、大葉は殺菌作用があるので食中毒防止にもなり、何より、おかずを巻いて食べると大葉の風味がアクセントになり、とても美味しい♪


冷凍ハンバーグとその横にジャガイモとベーコンのソテーを入れます。

おかずによってはお弁当のカップに入れますが、今回はハンバーグとジャガイモのソテーが混ざってもOKな味なので、カップを使っていません。


『カラっとおかずケース』の底にかつお節を敷き、更にかつお節と醤油であえた小松菜のおひたしを入れて、半分に切ったトマトを乗せます。

ご飯にごま塩をかけて完成です!

さーこ
ちなみに、別の日のお弁当の内容はこんな感じです

鶏手羽の塩焼き弁当


●鶏手羽の塩焼き
●ナスのしぎ焼き
●茹でインゲン
●トマト

トンテキ弁当


●トンテキ
●キノコのナムル
●キュウリと人参の浅漬け

鶏のから揚げ弁当


●鶏のから揚げ
●ポテトフライ
●ズッキーニのソテー
●小松菜のおひたし
●トマト

前に使っていたお弁当箱の時も主菜+副菜2~3品で作っていたので、おかずの内容はあまり変わらないのですが、曲げわっぱに入れるとお弁当がとても美味しそうに見えるから不思議。

また、曲げわっぱは吸湿性に優れているのでごはんが冷めても美味しいと言われているのですが、本当にその通りでごはんがべちゃっとならず美味しいです♪

曲げわっぱの弁当箱まとめ

今回は私が購入した曲げわっぱのお弁当箱を紹介しました。

美味しさ&見た目共にワンランクUPするだけではなく、洗い物も本当に楽で、お弁当ライフが更に楽しくなりました♪

来年は長女が高校生になりお弁当生活が始まるので、長女の分も曲げわっぱのお弁当箱を購入する予定です。

簡単に美味しいごはんが炊ける三鈴の土鍋もおすすめです。

-グルメ

© 2021 日々、まるまる暮らし Powered by AFFINGER5